Loading...

ダイバーシティ!多様な人材の活用方法

RENOXIA

リノシア

ダイバーシティとは

英単語で言うと「多様性という意味」

ダイバーシティ(diversity)とは、英単語で言うと「多様性という意味」です。性別や人種の違いに限らず、年齢、性別、学歴、価値観などの多様性を受け入れ、多様な人材を積極的に活用しようという考えのこと。

もともとは、アメリカにおいてマイノリティーや女性の積極的な採用、差別ない処遇を実現するために広がったものです。 その概念が広がりを見せ“多様な働き方”を受容する考え方として使われるようになりました。

ダイバーシティ(diversity)タスク型・デモグラフィー型

今後の日本は少子高齢化社会の影響で、どの業界でも人手不足による規模の縮小が進んでいきます。平成28年「男女雇用機会均等法」が移行されて移行、女性にも開かれた職場作りが企業に対して「努力義務」へと課せられました。少子高齢化が進み労働人口の減少が止まらない中で、人事マネージメントにおいて「女性活躍推進」や多様な人材が活躍できる「ダイバーシティ」に取り組む企業が増加しています。

ダイバーシティの成功のポイント

1)現状を把握して、目標設定を行う

現状を数値の面から先ずは把握して、強化する部署などを把握して年齢・性別・国籍・子どもの有無、資格、勤続年数、役職など、社員データを集計して、可視化することが第一歩となります。現状のデータと毎年の採用数や離職率を掛け合わせて、将来の予測を立てることが重要です。

2)会社全体を考えた施策

特定の層のみを優遇するのではなく、全社的なバランスを考えた上で施策を行う必要があります。その施策により新たに発生するコストや影響の範囲を考慮しながら考えていかないといけません。

3)効果測定と改善

施策実行後は、思い通りの効果が出ているかを確認するために効果測定を行うことが重要です。社員一人ひとりが感じている問題点や要望などを把握して、それを考慮した施策を実行することで、モチベーションや満足度の向上に繋がることになります。

推進している企業の取り組み事例

経済産業省では「新・ダイバーシティ経営企業100選」として、先進的な取り組みをしている企業を表彰しています。取り組み事例「平成30年度 新・ダイバーシティ経営企業100選 ベストプラクティス集」

このページと一緒に読まれている記事

働きやすい・働きがいのある職場づくり

府が掲げる「働き方改革」!しかし、実態は成果が見えないものであり、生産性も停滞したままの企業が多いのが現状です。厳しい時間管理を現場の社員に強いる結果になっていませんか。

企業型主導保育事業

業所内保育所の設置を国が支援する制度のことです。企業が自社従業員のために保育所を開設する際に、整備費の3/4の助成金が国から交付されるうえ、施設運営費用も助成されます。

分煙対策助成金制度

生労働省の「受動喫煙防止対策補助金」は、喫煙室の設置などに係る経費のうち、工費、設備費、備品費、機械装置費などの2分の1(上限100万円)を補助金として支給する制度です。

主な施工実績(一部抜粋)
  • 些細なご相談大歓迎!
    事業の拡大に伴いオフィスが手狭になり、オフィスレイアウトの変更を考えていませんか。小規模のリノベーションから大規模なリノベーションまで内装材や外壁、さらに動線など細部にまでこだわったあらゆる解決策をご提案します。
  • ワンストップ・サービス
    リノベーションで魅力ある職場づくりをしてみませんか。新たに導入する設備機器や生産性を考慮したプランニング、リニューアル工事や増改築など幅広い分野をワンストップサービスでサポートします。面倒な申請手続きなどもお任せ下さい。
  • 工場・倉庫・事務所の新築・改装
    工場・倉庫・事務所などでお困りごとはございませんか?予算取りでお悩みの方。経費削減をお考えの方。生産効率を向上させたい方。相見積もりをお考えの方。建物を造るだけではなくお客様の事業の成功を実現させます。